Nature

怪しいと思いながらもトライしたハーブデトックス体験談

詳細は別記事で書きましたが、
5年ぶりに就職活動時代の友人から、
連絡が来たことがきっかけで、

「デトックス」なるものに挑戦してみました。
正直、実際に体験するまでは、
「非常に怪しいな」と思っていました 笑

(厳密にいうと、製品が緻密過ぎて、
今[2019年1月10日]でも勉強しきれていないことは
山程ありますが)

そんな、最初は怪しさしか感じていなかった、
「デトックス」を実際にやってみて、
どうだったのか?ということを、

今回は書いていきます。

ハーブデトックスで期待していた効果

植物

デトックスに期待することは、
人によって本当にバラバラです。

体験した人や
すでに事業者として活動している人に
たくさんお会いしますが、

期待していたことトップ5が
完璧に重なっていた人を、
まだ僕は見たことがないです 笑

人数にすると、もう50人くらいは
お会いしているんじゃないかなーと。

振り返ってみて、
(なんやかんやで、
始めたのがもう4ヶ月位前のことなので)

当時、何を期待していたかなーと考えると、

「集中力を高めたい」

「ボディメイクしたい(筋肉をつけたい)」

「ボディメイクしたい(脂肪を減らしたい)」

という感じ。
刺さったキーワードとしては、

「解毒」「集中力」「筋肉」「健康」

っていう感じ。
多分(ちょっと記憶がおぼろげ、、、笑)

なぜ、解毒が気になるキーワードNo.1なのか?
は、こちらの「『解毒』が合理的」の記事に書きました。

もともと、体調管理については、
相当気を使っていたので、

「体重を10キロ落としたいんです」

みたいなニーズは、
なかったですね。

体重は落ちなくてもいいので、
筋肉はつけたい、
と思っていました。

さて、実際に挑戦してみて、
どうだったのか?を
書いていきますね。

ハーブデトックスを体験してみて効果はどうだったか

plant

それでは、実際にハーブデトックスをトライしてみて、
どうだったのか?を書いていきます。

当初期待していた
「集中力を高めたい」
「ボディメイクしたい(筋肉をつけたい)」
「ボディメイクしたい(脂肪を減らしたい)」
については、

「集中力を高めたい」:△
「ボディメイクしたい(筋肉をつけたい)」:○
「ボディメイクしたい(脂肪を減らしたい)」:○

という結果になりました。
一つずつ説明していきますね。

あ、その前に、
写真を撮ったので、
載せておきます。

こちら
↓ ↓
ビフォー・アフター
※写真クリックで拡大します。
※恥ずかしいので小さめに表示しています

当初、写真を撮るつもりがまったくなかったので、
雑〜な感じになっております、すみません 笑

それでは、詳細説明参ります。

ハーブデトックスで集中力を高めたい

まず、「集中力を高めたい」について。

感想としては、
「うわ!すげー!」
みたいな体感はありませんでした。

「デトックスをすると、
すごい集中力が上がるよ!」
と聞いていて、

楽しみにしていたのですが、
劇的な変化はなかったようです。

ただし、
「なんとなくいつもより集中力が持続しているかな?」
と感じる瞬間はありました。

その後、いろいろな人にヒアリングをしてみたところ、
「もとから仕事をバリバリ頑張っている系」の
人たちは、

「劇的に集中力が上がる」
という体験は、
なかなかないみたいですね。

最初から意志力マックスだからでしょうか笑

ただ、それとは逆に、
デトックスする前が

悩みがちだったり、
メンタルが安定しない、
鬱っぽい

という状況の人は、
効果てきめんのようです。

この、「デトックスをして、
気分が晴れやかになる/集中力が上がる/感謝できるようになる」について、
当初は「ただただ怪しい」と思っていましたが、調べていくと、
腸内細菌が脳や、精神に密接に関係していることが分かってきました。
このプログラムでは、血管・血液・腸を同時にケアできます。
そのため、「プログラムを経てメンタルに変化が出るということは、
あながち怪しくもない」という考え方に変わりました。
この内容については、別記事でも紹介予定です。

集中力が上がることはありませんでしたが、
特に下がることもなかったので、
困るとか、損をする、ということは
ありませんでした。

ハーブデトックスで筋肉をつけてボディメイクしたい

「筋肉をもう少しつけたいな」
というニーズについては、
目的達成できました。

体の状態を図るために、
InBody(インボデイ)という
体組成計で事前に計測します。

体組成計とは、筋肉量や体脂肪率が測れる
「すごい体重計」のようなものですね。

プログラム前と、プログラム後を
比較すると、
数値として、確かに筋肉量が増えていました。

InBodyの測定結果については、
後日整理してアップします予定です。

筋肉量が増えただけでも
嬉しいのですが、
驚くポイントが、

「期間中に筋トレを一切していないのに
筋肉量が増えた」

ということです。
これ、「嘘〜!」って、
99%くらい言われますが、本当です笑

本当に筋トレは全然しませんでしたね。
厳密に言うなら、
寝ているときにベッドで、

腹筋運動もどき的な動きを
数回しうたことはありますが

そんな微々たる運動で、
筋肉量が増えるとも思えません。
(そんなことで筋肉がついたら誰も苦労しない)

製品を摂る以外には何もしていないのに、
腹筋が少し見えてきたのは、
やっぱり嬉しかったですね。

ハーブデトックスで脂肪を落としてボディメイクしたい

つぎに、体脂肪については、どうなったか?
これも、InBodyで数値が取れるのですが、
数値が下がっていました。

こちらについても、
データが整理でき次第まとめますね。

下がった数値を見て、

「有酸素運動とかしていないのに、
体脂肪って下がるんだ、、、」

とびっくりしたことを覚えています。

ちなみにいうと、
体重も少し下がりました。

なので、
体重と体脂肪が下がり、筋肉が増える
という、

なんとも理想的な状況になりました。
筋肉のほうが体脂肪より重たいことを考えると、
効果的にボディメイクできているなと感じます。

(冒頭に写真を載せたので、
見てもらえるとわかりやすいかもです)

結論として、
散々疑っていましたが、
やってみたら、効果があって、

効果があって、
見た目に現れると、
やっぱり嬉しいですね。

ハーブデトックスで時間が作れる

プログラムを実施する前には
期待していませんでしたが、
やってみて発見がありました。

それは、「時間ができる」ことです。
振り返ってみると、
これは自分にとってもとても嬉しいことでした。

時間ができるとはどういうことなのか?
というと、

プログラム中は、
(いろいろやり方はありますが、
自分が行ったものは)
食事を製品に置き換えます。

なので、いつも食べているものは、
口にしなくなります。

だから、食べることに使っていた時間が、
すっぽり空くわけですね。

いつもの生活での食事を考えると、
(コンビニ飯として)

・食べ物を買いに行く:5分
・何を食べるか迷う:3分
・レジに並ぶ:2分
・会計する:2分
・食べられる場所まで戻る:5分
・食事を摂る:20分
・ゴミを片付ける:2分
(合計:39分)

という時間が発生します。
それに加えて、
重大なことは、

・食べた後に眠くなる
ことですね 笑

これに対して、プログラム中は、
背品を飲むだけなので、
10分〜15分あれば終わってしまいます。

少なく見積もっても、
各食事時に30分の時間が確保できることに。

一日3食とすると、
1時間30分ですよ。

1日1時間30分時間が確保できたら、
なんでもできますよね!

ブログ記事もかけるし、
30分アニメなら、3話分も見ることができます。

確実に削減でいる時間だけで
この効果ですが、

プログラム中は、液体状、カプセル状、粒状の
製品を摂るだけなので、
「食べた後に眠くなる」ことはありません。

食べた後に眠くなることの
生産性ダウンを考えると、

1日1時間30分以上の効果は、
確実にあると思っています。

この「時間ができる」というのは、
やる前は予想していなかったですが、
自分にとっては、とてもメリットがあることでした。

まとめると、
「忙しいからデトックスプログラムはできない」
は完全に真逆ですね話

忙しい人ほど、プログラムを実施するべき
と思います。
なんせ、1日1時間30分できるわけですから笑

ハーブデトックスで痩せるはおまけ

植物とMac

少し余談ですが。
(このトピックスについては、
別記事で詳しく書いていきますね)

ハーブデトックスをして、
体感として痩せるので、
もちろん、嬉しいのです。

が、人体構造、医療の問題、
慢性疾患、製品のこと
などを、調べれば調べるほど、

ハーブデトックスで痩せることはおまけ

だという、結論に達します。

何が言いたいか?というと、
デトックスプログラムを活用することによって、
何が起きるか?というと、

「代謝機能が回復する」ということです。

ざっくりいうと、
「人の身体本来の能力が取り戻される」
ということですね。

(これでもふわっとしているけど 笑)

その結果として、
慢性疾患や病気などから
遠ざかっていきます。

なので、プログラム真髄としては、
「身体の代謝機能が復活する」ことで、
そのおまけとして、「痩せる」がついてくる感じです。

なので、裏を返すと、人の身体は、
「もともとはボディメイクする力を備えている」
っていうことですね。

「現代社会の毒素(重金属や化学物質など)
によって、その代謝機能が妨害され、
理想の体にならない」

ということになります。

この、そもそも論にたどり着くと、
「人体すごい!!」というのとと
「有害物質やばいな、、、」と思うようになりました。

まとめとさいごに

Diving

以上、自分がデトックスプログラムを実施した
体験について書いてきました。

まとめると、

・体重が落ちた
・体脂肪が落ちた
・筋肉は増えた
・使える時間が増えた

というところが、
わかりやすく嬉しかった点ですね。

それと、後々気がつくだろうことは、

体内有害物質を取り除けたことにより、
今後、健康を害する可能性を下げることができた

ということです。

ちょっと話がそれますが、

このブログではあまり書いていませんが、
自分の人生目的は、
「資産を形成して、お金を空気にする」ことです。

お金=選択肢の幅と思っているので、
人生の選択肢を広げたい、
というのが、意味ですね。

健康のことを勉強すればするほど、

「現代社会で健康を維持するにはお金がかかり、
だからこそ、先に資産構築をするべき」

と思っていました。
しかし、意外にもお金が空気になる前に、
健康については叶ってしましました。

お金が空気になったとしても、
健康を害していたら、なんの意味もない。

お金も大事ですが、
それに匹敵するくらい、
健康も大事だな、と思っています。

それ早々に手に入ったことは、
嬉しい限りです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。