食事をする女性

夜ご飯は何時までに食べれば健康か「夜ダイエット」

減量、ダイエット、ボディメイク
などをしようとすると、
まず何を始めますか。

高校1年生の自分は、
「夜食べなければ、痩せる!」
を頑なに信じていました 笑

過去の振り返りも含めて、
今回は、夜ダイエットについて、
書いていこうと思います。

夜ご飯は何時までに食べれば太らないのか

砂時計

これは、諸説ありますよね。

18時以降はやめたほうがいい
と言っている人もいれば、

20時以降はNGという人もいるし、
22時以降はNGという人も。

中には、いつ食べてもOK
とまで言っている人もいます。

いろいろ本を読む限りは、
20時以降に食べないようにするのが
ベターという意見が多いようですね。

その理由は、

「BMAL1(ビーマルワン)」という
タンパク質が増えるタイミングが、
20時以降に多くなるから。

このBMAL1は、
タンパク質なのだが、

脂肪を溜め込むための酵素を
増やす働きがあると言われています。

なので、
それがたくさん分泌されている
時間帯に食事を摂ると、

脂肪を蓄えやすくなるということですね。

ちなみに、
20時以降に食べないのがベターと
書きましたが、

22時〜午前1時が
最も分泌量が多いと言われています。

自分がやっていた22時以降食べないダイエット

時計とコーヒー

実は、自分はもともと太りやすい体質でして。

今(27歳)でこそ、
スラッとしていますが、
(自分で言う笑)

中学校1年〜2年くらいは、
ぽっちゃり(ぼっちゃり?)
していました。

当時は、
そんなにボヨボヨしている
認識もなかったんですけどね笑

中学2年までは
太っていたのですが、

中学3年のタイミングで、
特に何もしていないのに、
普通の体型に戻ったんですよね。

いわゆる成長期ってやつですかね。
縦に伸びたのだと思います。

で、普通の体型に戻ったのですが、
やっぱりもともとが
太りやすい体質なので、

リバウンドしないように
気をつけていました。

その時取った対策が、
「夜食べない」ダイエットです。

BMAL1について
先程書きましたが、

当時は、そんな知識はなく、

「とりあえず、
夜食べなければ太りづらいでしょ」
というくらいの感覚でした笑

その甲斐あって、
高校1年から現在まで、

あからさまなデブ体型に
戻ることはありませんでした。

そこそこ運動したり、
食事以外の要因もあると思いますが。

振り返ってみると、
高校1年〜社会人2年目くらいまで、

ということは、
16歳〜24歳くらいまで、
(8年間も!笑)

22時以降は
極力食べなかったですね。

よく友達に、

「ほんとに22時回ると
食べないんだね。
よくやるね」

って言われていました 笑

食べる時間ではなく、何を食べるか

お肉と野菜

夜22時以降食べないダイエットは、
高校1年〜社会人2年目まで
やってきたのですが、

なぜ、社会人2年目で
終わりを告げたかというと、

社会人2年目のタイミングで、
この本に出会ったからです。

こちら
↓ ↓

※クリックでジャンプします

ざっくり内容をご紹介すると、
「米食うな」って本です。
(本当にざっくり)

冗談です 笑
もう少し説明すると、

太っていたり、
体調が悪かったりするのは、

ヘルシー食や、
主食にしている「お米」が

すべての原因だ、
という内容ですね。

ヘルシー食については、
ヘルシーを意識するあまり、
しっかり栄養が取れておらず、

お米については、
炭水化物を食べる事によって、
血糖値が上がり

それによって、
肥満ホルモンが出て、
脂肪が蓄えられてしまう、

ということでした。

詳細については、
また別記事で、
ご紹介しますが、

この本を読んだ時は衝撃でしたね 笑
「いつ食べるか?」
ではなく、

「何を食べるか?」
がそこまで重要なのかと。

今となっては、
「そりゃそうでしょ」
っていうレベルですが、

当時はとても驚いたことを、
今でも覚えています。

先程ご紹介した書籍には、
低糖質の食べ物なら、

夜中に食べてもOK!
とされています。

ただ、自分は昔からやっていた
22時以降食べない
という習慣があるのと、

低糖質ならOKと言いつつも、
やっぱり夜食べるメリットは
ないと思っているので、

極力22時以降は
食べないようにしていました。

とは言え、
お肉とか低糖質なら、

食べても血糖値が上がらないと
わかったので、

以前よりは
ちょっとルールを緩和して、
「例外日」が増えたりしていました。

最終的に行き着いた健康の結論

cocktail

高校1年〜社会人2年目は
「夜22時以降
食べないダイエット」

社会人2年目以降は
低糖質食生活を続けたわけですが、

(ちなみに、それ以降、
完全無欠コーヒーや、
地中海食もやっています)

この記事を書いている、
2019年1月4日現在では、

デトックスこそ最強

と思っています。

詳細については、
「僕が、怪しみながらもデトックスをやろうと思った理由」
に書いています。

ただ、デトックスが最適とは言っても、
誰かとの会食や
日常の食事もあるので、

「どれがいい食べ物なのか?」
は常に気を使っています。

なんですが、
これがまた難しい、、、笑

なぜって、いろいろな方が、
(ドクターや著名人)
全然方向性が違うことを言っているから。

ある人は低糖質推奨だし、
ある人は、低糖質は悪だといい、

ある人は野菜を
食べたほうがいいといい、

ある人は野菜は食べず、
肉を食べたほうがいい
と言っている。

いや、結局どれー!?
というのが、
今の感想です 笑

ここについては、
すぐに答えが出ない
かもしれないですが、

書籍をかって、
勉強、検証をしているので、

随時記事に
していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。